アーカイブ

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

固定ページ

営業支援システムのデメリット

会社における営業支援に関するシステムには様々な効率的な機能があり、営業活動を管理する部署としては非常に管理しやすい効果があります。また営業担当者もわざわざ営業所に帰って報告することなく、端末で報告書を作成し会社に送信することで、働きやすい環境をもたらしていると言えます。しかし営業支援システムには容認出来ないデメリットが存在し、そのデメリットの本質を捉えないと無用の長物に成り下がってしまうリスクがあります。デメリットとしては、元々アメリカから伝わったシステムであることから、アメリカのトップダウン形式で仕事をするという性質に、日本の企業風土が合わないという不具合があることです。また、営業を支援する目的で導入したのに、単純に報告だけをすることに収まった結果、管理部門だけのメリットになっているケースがあり、売上の向上に効果がないという点もあります。本来の目的に合った支援システムを採用し、会社全体への波及効果を最大限に発揮する必要があります。

営業種による営業支援サービスについて

営業職で会社に入社し、営業のノウハウをその会社で全て学ぶという時代は終わりつつあります。現在の就職事情は即戦力を中心に採用され、社内においてOJTなどの基礎的な研修は開催されることもありますが、この営業職の仕事の内容を一から十まで教えるといったことはありません。職人さんの間でよく話があがりますが、技術は教わるものではなくて先輩の仕事を見て盗むものだと言われます。営業職の仕事も同様で先輩が全て助けてくれるわけではありません。しかし現状を見ていくと因果関係はないのですが特にゆとり世代において一から十まで教えてくれないと仕事ができないという方が見られる傾向にあります。これらの問題点も含めて外部による営業支援というサービスがあります。営業につながるまでの提案書などの資料の作り方であったり、電話の応対や接客でのマナーについてなど、営業支援といっても後方支援といったようなイメージをもたれるとよいでしょう。今の時代、このような支援もあって成り立つ営業職もあるということになります。

営業支援の為工場要員が営業職に回されています。

私の会社では現在売れ行きが落ちています。その為、工場の仕事が減り工場で人が余っている状態になっていたのです。それで工場で余っている人間で営業向きの人間を営業支援として営業職に回しています。円安で商品の調達価格が上がったため価格を上げないと経営が成り立たないため価格あげた途端仕事が減り始めたわけです。アベノミクスは輸出業者にはよいのでしょうが、内需で会社を経営している会社は苦しいと言うのが本音です。営業職の数を増やしたからと言って仕事が増える可能性は少ないのが現状ですが、遊ばせておくより仕事をさせた方がいいと言う判断に基づいています。円高に戻ってくれればまた元の状態に戻ると思いますが、それまで耐え忍べるかどうかが課題になっています。営業支援を目いっぱいやってしのぐしかないというところです。輸出産業以外はこの状態になっているところが多いと思います。

Write a comment





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)