アーカイブ

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

固定ページ

営業支援ツールの概要について

営業支援ツールやその機能の概要について説明いたします。営業活動において、課題となっている内容として、営業担当それぞれの活動内容が見えづらく、営業管理部門の責任者が、実績や売上、プロセスを把握しにくいという問題があります。また営業担当者としても、会社の営業方針がわかりにくく、どのような報告や問題点を挙げてよいかわかりにくいという課題があります。このような双方の問題点を解消するために、セールスフォースオートメーションという営業を支援するツールが多くの企業で導入されています。セールスフォースオートメーションのシステムには、営業活動の報告書を作成し、会社への送信機能が搭載されており、営業所に行かずして報告が出来たり、見積書や請求書を作成する機能もあるため、顧客ニーズにも迅速に対応することに成功しています。

営業支援部で働いていました。

私は、営業支援部に所属し、営業の方のサポートをしていました。コンピューターのソフト開発、販売の会社に勤めていたのですが、お客様にご案内する資料を作成したり、営業の方について商品の説明に伺ったり、お客様からの電話連絡を伝えたりしていました。社内で、お客様からの操作の問い合わせや、パソコンの修理対応等もしていました。営業の方と連携して仕事をしていくのは、達成感も充実感もありました。お客様との窓口も私の役目だったので、色々なお話しが出来、商品を仕入れて、準備してお客様に届けて、説明させていただくという流れが、とてもスムーズに行くように、納期通り進めていく事にやりがいを感じて頑張っていました。忙しくて大変でしたが、社内全体で力を合わせて取り組んでいたので、社員同士の絆も深かったように思います。私がまた何か仕事を始める事になれば、また、営業支援をしたいと思います。

営業支援システムを導入して業績を伸ばす

仕事に関する情報を共有することは、会社の業績を伸ばす大切な要因の一つとなります。従来、営業などは個人の裁量に任されていた部分も多く、同じ会社の人間であっても、まったくその顧客について知らなかったというケースもありました。同じ会社の人間が別々に同じ顧客にアプローチをするのでは効率も悪く、会社の印象も悪くなる可能性があります。そのため開発されたのが営業支援システムです。名刺や商談に関する情報などをシステムに入力し、誰でもその情報を見ることができるようにすれば、必要な情報を必要な時に引き出すことが可能です。もちろん、制限をかければ、特定の人間しか見ることができなくなるという設定も可能です。さらに、これらの情報を収集、分析して、今後の経営戦略に生かすといったケースも増えています。営業支援システムを販売している会社を利用すれば、一から自社で構築するといったコストも省くことができます。

Write a comment





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)